魔法のララ★ランプ

母と犬猿の仲で、ひどい鬼娘だった私が、今はベッタリ幸せ介護の日々を送っています。日々感じること、思う事を楽しく発信していきます!

母の言う、父は、誰だろう?

母が認知症になり、真っ先に忘れてしまったのは、やはり父のことだと思います。

父は忘れられていることがわかっているのか、わかっていないのか。以前はよく母に向かって「俺のこと、わかるか?」とか、「俺だよ!」とか、ひどい時は「お前が好きな人だよ」とか。

娘の私が聞いていて、げーっっと思いましたが、、、

 

まぁ微笑ましいといえば、微笑ましいのですが。

 

父はずーっと、母のこと好きだけど、母はずーっと、避けていたので。

 

母が認知症になり、最近では、すっかり父のこと忘れてしまっているので、父に向かって「この人、好きな人」とか、父が喜んじゃうようなことを、うっかり言っちゃうので、父も笑顔で嬉しそう。

 

そして、最近、母は私のこと「お母さん?」「お母さんでしょ」とか言うので、ものすごく切ないのですが、同時にものすごく、愛おしくもあるのです。

そして、さらに、よく母が口にするのは、「お父さんとお母さんが言ってたよ」ということ。この「お父さんとお母さん」は、母のお母さんのことなのか?母に聞くと、「そうだよ、私のお母さん」というし、あるときは「違う」というし、はっきりは、わからないのですが、まぁ、大半は「私のお母さん」というので、自分のお母さんとお父さんを思って言っているんだなぁと思います。

 

さらには、お父さん子だったようで、よく、「お父さんがこう言っていた」とか「お父さんがやってくれた」とか、お父さんという言葉を連呼します。これがややこしくて、お母さんの言う、お父さんって、お母さんの旦那で私のお父さんのこと言っているの??それとも、自分のお父さん?

お父さんの前でもいうから、私はヒヤヒヤしています。お父さんも自分のこと言っているとは、思ってないかなぁと、思いつつ。もし、自分のこと、こんなにお父さん、お父さんって連呼してくれていると思っていたら、間違いなく嬉しいはずです♡違うとは思うのですが。。。

 

でもまぁ、どっちであれ、円満であればそれですべてオッケーです。 

お父さんもお母さんも、お互いにじいさん、ばあさんになって一緒に仲良くいれるなんて、こんな幸せないと思います。細かいことは気にしないで!仲良く平和が一番だね。

 

細かい事は気にしない事ですねっ!