魔法のララ★ランプ

母と犬猿の仲で、ひどい鬼娘だった私が、今はベッタリ幸せ介護の日々を送っています。日々感じること、思う事を楽しく発信していきます!

星は願いを知っている、と思うのです。

今週のお題「星に願いを」七夕に短冊に願いごとを書くなんて、小さい頃にしたことで、短冊に願いを書く!なんていうこと、大人になってからは、すっかりと、忘れていました。

でも、考えてみれば、わたし的には、普段から、見上げた夜空の星に願いごとを伝えることをしているので、まさにお題の「星に願いを」していました。

とくに流星群のとき、肉眼で流れ星なんか流れていたとしたら、それはもう、最高のシチュエーションです。家のベランダからでは、満天の星空なんてむりですが、それでも、月や夜空に向かって、なにか心の叫びや普段思っていることを、つぶやく、または思うだけでも、十分だと思います。

心の中の思い(思考)はきっと、宇宙にテレパシー的に電波で飛んでいると思うのです。だから、わたしが心の中で思う気持ちは、すでに、星や宇宙に届いている。祈りや願いというのは、自分の中にある小宇宙に祈っているのと同じなのかなぁ。

なんて、壮大な感じですが、勝手に昔からそう、思っています。

そして、今年の七夕に願いごとを叶えてもらうわたしの願いは、、、

何よりも、母とこの世がある限り、少しでも長く一緒に過ごしたいということです。

健康でただただ、平凡でいいから、一緒に過ごせることが幸せです。家族のありがたみ、そして、自分に関わる人たちの幸せや、優しさ、そういったものを、この年になってやっとわかったわたしは、ある意味幸せものです。

そして、自分自身も、なるべくこの世で長く生きていろんな、ハッピーな体験や経験をしたいです!そして、多くの人と関わっていきたいとも、思います。

それが、願いです。