魔法のララ★ランプ

母と犬猿の仲で、ひどい鬼娘だった私が、今はベッタリ幸せ介護の日々を送っています。日々感じること、思う事を楽しく発信していきます!

人を不快な気持ちにさせない!ということの大事さ

人から言われた言葉で不快に思うこと、ありますよね。なんでもないことでも、自分が話したことに対して否定されたり、覆されたりしたとき、たとえそれが真実かもしれないことでも、頭ごなしに否定的な言葉を発せられるといい気持ちってしないです。

特に、数十年来の友達であっても、最近仲良くなった友達だとしても、年齢や、関係性などあまり関係ないように思います。

カチンと来るときは、くるのです。

それはいきなり、その相手の一言で、その場の雰囲気が一気に居心地悪くなるわけです。でも、そう思っているのは、私だけなんですね。そういう、不快な言葉を言ってくるひとっていうのは、相手のことなど、おかまいなく話を進めて、むしろ得意げだったりするわけです。

それから、それが目の前の出来事ではなく、例えばメールだったりした場合。もっと厄介ですよね。文字にすると受け取り手の状況によって、同じ文章でも違って受け止められてしまったりします。あとは、言葉足らずだったりとか。

私は普段から、なるべくマイナスな言葉や、否定的な言葉、相手の意見と自分の意見が違うときでも、いきなり反対意見から述べるようなことはしないようにしています。まずは相手の話も聞くし、受け止めてから、話をするようにしています。極力そうしているつもりです。特にメールなどは、文字になるわけですし、残るので、気をつけるべきだと思います。

メールでも会話でも、人を不快な気持ちにさせてしまうようなことは言いたくないし、絶対に気をつけるべきだと思います。

私の今の職場や、古くからの友人、そして家族の中でもそんな不快ないひとって、ほとんどいないので、幸せです。

そう思っていました。ですが、ですが、まさか、もう、長く友達だよね?っていうひとでも、あれ?あれれ?って、こともあるんです。いつも仲良くしているから?そういう強い口調で言うの?とか、それを言われた、私はどうしたらいいの?というようなことがあったのです。

仲良しだと思っていても、いきなりこういうこともあるのです。

だからこそ、自分は気をつけたいし、気をつけなくちゃと思うわけです。

おだやかに、平和がいちばんです。ときには、感情的になることもあるかもしれません。でもそういうときは、笑える、明るい範囲で感情的ならいいのです。

ふー。

明日からの態度に変化があるのか、ないのか。私はひとに左右されることなく!いつもひとに親切で、暖かくありたいと思うわけです。平和がいちばんです。本当に。。

ひとの不機嫌や不快なことをいうひととは、なるべく距離を置きたいですが、なかなか、職場や、友人関係だと難しいと思います。そう思いました。だから、人間関係で悩むひとがたくさんいるわけですよね。でも、とにかく、難しいけど、ひとの不機嫌に巻き込まれず、私は私で穏やかな周波数を流していたいです。不機嫌や不快なこというひとに幸せは、なかなかやってきません。なるべくひとの気持ちを明るく楽しくできるように生きていきましょう!がんばろう!がんばるぞ!