魔法のララ★ランプ

母と犬猿の仲で、ひどい鬼娘だった私が、今はベッタリ幸せ介護の日々を送っています。日々感じること、思う事を楽しく発信していきます!

お父さんがいてくれて今こそ、感謝っ!

今週のお題「おとうさん」

小さい頃の私は、父親っ子でした。写真もたくさんあります。とても可愛がって育ててくれていたことが、よーくわかります。小さい頃は、父は背も高く(今はちょっと縮んじゃったかな・・)、そしてスラーっとしていて(今も痩せています)、カッコいいお父さんと思っていました。

父は板前さんで日曜日しか家にいません。だから、日曜日はとても緊張の日でした。父がいるとみたいテレビも見れないし、なんでもお父さんが一番だから。お風呂はもちろん、食事の時も、父が座る席は決まっていて、父だけが座椅子に座って食事します。お母さんがなんとなく、父を立てていたように思います。それに、怒ると怖いから、とにかく怒られないように、していたし、キレたらやばい人とおもっていました。幼い頃から父の話す過去の武勇伝はチンピラ的なというと、柄が悪い感じですが、悪ガキというのか、ハッチャケて居た頃の話をしながら、しゃべる広島弁が怖くて、父の話を聞いてるときも怖いと思っていました。いまだに、当時の武勇伝を得意げに話しますが、それが生きがいかのように、イキイキと話すので、もう、聞き飽きてるけど、聞いてあげています。

 

そして、わたしと妹が大きくなってからは、父の存在はどんどんなくなっていきました。日曜日しかいないし、平日も、夜は23時過ぎに帰宅のため、ほどんど、会話をすることもなかったです。

さらには、母が父と会話している姿もほとんどみませんでした。それから先も父との思い出はほとんどありません。

ただ、1回、私が20代半ばでしょうか。今から20年前くらいに、父が倒れたという連絡が当時働いていた職場にありました。すぐに母と都内の病院に行ったのですが、もともと痩せている父がさらに痩せていて、ガリガリで恐怖を感じたのを覚えています。父が死んでしまうかもしれないと初めて父のこと、真剣に考えたときかもしれません。

ですが、すぐに退院できて、それから、今ままで、大きな病気はしないで、元気で働いてくれています。現在76歳!痩せてはいますが、今も日曜日以外、毎日板前さんしています。

そして、昔は怖くて仕方がなかった父も今はキレることも少なくなり、とても穏やかです。まぁ、たまにテレビに向かって、キレていますけど。正直、母が認知症になってしまった、最初の頃は、父も私と同様に母に冷たく、よくキレていました。ですが、徐々に私と同じようにすこーし、少しづつですが、性格も穏やかになり、今では、父も私と一緒で母をとても大切に思って、少しでも快適に過ごせるようにしてあげようとしています。

 

父は母のことが大好きで猛烈なアプローチで母と結婚したそうです。結婚して、もう50年以上は経っていると思います。母は途中、父のこと無視していたり、毛嫌いしていた時期があり、あとで妹に聞いた所、ものすごく嫌っていたと聞いたことがありました。そんなわけで、長く父は母に嫌われていたようです。私はあまり関心がなくて、気づきませんでした。ただ、父はずっと、母のこと好きだったようです。

そして、母が認知症になってしまって、最初に忘れたのは、父のことでした。一生懸命母に「誰だかわかる?」とか、「いつ番好きなひとだろ」とか言ってるのを聞いて「オエーッ」と思い、母がボケていなければ母が一番、気持ち悪いと思っているだろうなぁと苦笑いしてみていました。今の母は認知症も進行してしまって、平和そのものですので、父に向かっても嬉しそうに満面の笑みで「この人好きよ」とか、「おはよう、いつもありがとう」とか、昔の母からは想像もつかない、父への愛のある態度。

だから、父も断然嬉しそうだし、より一層、愛おしいようで、よく「かわいいなぁ」と「笑顔がいいよな」とか嬉しそういにいうし、疲れて仕事から帰ってきて一息つく前には必ず、母が寝ているベットの脇で「ただいま」といいます。

ガーッガーッとものすごいいびきで寝ている母に向かって話しかけます。母は必ず起きて、「おかえりなさい」と言って、寝ぼけながらもそして、きっとまるっきりわかってないのに、父の今日あった出来事について返事してあげています。

なんだかんだ、母がぼけてくれたことで、うちの家族はとても平和で愛の満ち溢れる家族になりました。父と母をみて、とても幸せな夫婦に見えて結果、こんな風な関係になれるひとが、私にも現れたらいいなぁと思うようになりました。父は晩年になって、ものすごい酒飲みになっちゃって、それが本当に嫌なんですが、とにかくこれからも健康で母と少しでも長く一緒にふたりでいれることを私がいつも祈っています。

いつもありがとう!お父さん!

そして、結果、お母さんと幸せに暮らせていてよかったね。

いつも二人並んで昭和の名曲とかを歌っている姿が大好きです。

これからも、少しでも長生きしてほしいです。

この世で家族となれたことを感謝しています。また来世でもお互いを見つけましょうね。父の日は家族で仲良くなんでもない、いつもの日曜を過ごしましょう。

そして、長文のブログをここまで、読んでくださった方、ありがとうございます。